おうさまのうさぎ

こどもの夢を叶えるだけの出版社

 

 

「わたしの大好きな”うさこう”を、なぜ、みんなしらないの?」

 

その女の子は不思議でたまりませんでした。

 

「うさこうは、おうちにいるから、学校のお友達は知らないよね」

 

「ふうん……みんなが知らないなら、教えてあげなくちゃ!」 

 

女の子はそう言いました。

 


うさこうを、みんなに知ってもらうための、

 

その、最初の手段が『おうさまのうさぎ』です。

 

うさこうは、女の子が書いた絵本やマンがの主人公になり、

 

たくさんのお友達に知れ渡りました。

 

いまで、学年中のお友達がうさこうを知っています。

 

彼女は、大切な大切なお友だちと、お友だちを大切にする力を得たのでした。 

 


そうやって始まったのが『うさこう出版』です。

子供たちにとっての「自分でできる事」の幅を大人が広げてあげたいという気持ちで運営されています。

 

1冊でも本を販売できた子供には『プロ作家』としての自覚が生まれ、将来を考えるきっかけを与えます。

『おうさまのうさぎ』が、お城を飛び出して、女の子のうさぎになるまでの冒険のお話し

1冊のご購入で、作者に100円の活動費が入ります。応援をお願いいたします。




このサイトは『子供達の夢を叶えるためだけの出版社』ですが、

下記の作品は『大人が楽しく遊ぶため』に間借りしています。

お金をもらって本を読もう企画参加作品

※事前に選定されたモニターの方のみが報酬が受け取れます。

大人の遊び場はこちら
ニシノオンラインサロン

西野亮廣エンタメ研究所

ガチヨミ~ガチの読書家が集う場所~

ガチヨミ


柳佐 凪 (やなぎさ なぎ)

小説 『誰からも好かれる魔法を掛けて欲しいですか?』

現代ファンタジー恋愛ドラマ

ヒキコモリの長い生活に、突然飛び込んできた
『誰にでも好かれる魔法』
引戸杜夫《ひきこ もりお》は、魔法使いになった親友の金髪9頭身クールな超モテ男ユーマに魔法をかけられ、3年ぶりに世間に出て、出会った相手の理想の人物に変身して初めての恋愛に挑む。

魔法の力による、自分の変化に苦悩する杜夫と、陰ながらサポートするユーマ。

ユーマの魔法は二人に何をもたらすのか。


権藤 将輝 (ごんどう まさき)

小説『たいまつバンク』

『たいまつバンク』 権藤 将輝

 

ジャンル:SF×ヒューマンドラマ

 

あらすじ:いらなくなった命を預かり、生きたいという願いも虚しく死んでしまった人間に吹き込む「独立行政法人生命リサイクルセンター」。通称「たいまつバンク」。センターの開設以来、世の中を二分するほどの激しい賛否両論が渦巻く中、ここに勤務する神崎真臼は正義感に燃えていた。そんなある日、ひとりの提供者の登場によって、真臼をめぐる状況は大きく動き始める――。